ブラジルがペルー敗れたのを目の当たりにして

私はこれまでサッカーのインターナショナルAゲームでブラジルがペルーに負ける争いをうまれつき1度も見たことがなかったのですが、コパ・アメリカでの紹介のゴールとはいえやっとブラジルの黒星を目の当たりにすることができたのは正しく奇跡的と言うか感無量でしたが、ペルーでは新大統領が決まった折とも重なりお祭り騒ぎが当分貫くのではないでしょうか。
世紀の大誤審の原因はたいてい目下導入されていたはずのゴール決定機会が正常に機能しなかった結果ではないかという気がします。
ですからゴール決定機に修繕のすきがあることが分かったので早々修繕するでしょう。ビデオ附属ゴール決定機に改良するだけなのである訳簡単ではないかという気がしますので、なるたけ早めにやってもらいたいですね。ビデオで確認できていればハンドは歴然だった意味なのですから。
ブラジルの黒星でコパ・アメリカの注目の大半が失われてしまった気がするのですが、コパ・アメリカはもっとこれくらいにしてフランスで開催中のユーロ2016へメインアクセスをむける契機になったような、わくわく感と無念受け取りとが入り混じったような妙な気合が行なう。