海王星と冥王星や色んな天体のイベントについて

海王星などについて教育しました。海王星は、大暗斑(巨大なエアのスパイラル)が見られます。海王星には、衛星トリトンがあります。冥王星は、月よりも狭苦しいだ。2006歳インターナショナル天文学連合総会において、惑星から排撃されました。小惑星は、ほとんどが火星と木星の軌道の間に存在し、お日様の周囲を回っている。すい星は、氷や細やかなちりなどからなり、細いです円軌道を公転行なう。近年の測定才能の上達によって、海王星の軌道の表層に多数の小天体が発見されている。これらの大部分は黄道事周りに環状に分布しており、こういう分野をエッジワース・カイパーベルトとよびます。一段と、そのはるか表層には太陽系を卵の殻のようにくるむ小天体群があると考えられていて、これをオールトの雲といいます。これらの小天体がすい星の根源となって、エッジワース・カイパーベルトからは少ない転回のオールトの雲からは長い転回のすい星が生まれると考えられています。だいぶ勉強になりました。

電車で帰る道を歩いて帰ったら、みたことのない景色があった

昨日は久しぶりに、自宅までの8駅分の距離を歩いて帰りました。たまに気が向いて、体力も余っていれば、歩くのが好きなので歩いて帰っています。
以前歩いたのは冬の寒い時期だったので、道のりも長く感じました。今回は夏の手前の時期だったため、ジメジメする感じもありましたが、風もあったので比較的快適に帰れました。
どうせ久しぶりに歩くなら、通ったことのないルートで帰ろうと思い、色んな小道に入りながら、河川敷沿いを歩きました。
この時期は小さなムシが大量に飛んでいたり、田んぼの近くではカエルの合唱が聞こえてきたり。ランニングや犬の散歩をしている人の姿や、夕日が沈んでいく様は、なんとも言えない田舎の風景で、知らぬ間に疲れなんて吹っ飛んでいきます。
ある程度歩いて、気持ちが高まってきたころ、人がいないことを確認して、歌いながら帰りました。聞いてくれていた人がいれば、申し訳ない気持ちで一杯です。
朝起きたら、足の裏が筋肉痛でした。また暑くなりすぎないうちに、歩きたいと思います。

出産する前にしておいた方が良かったことを書きます。

私は出産するまでにしておいた方が良かったな、という事が2つあります。1つ目は、自分の出産した後の服を一通りそろえておくという事です。子供が生まれて体形も変わって、着られる服が少なくなってしまった、というのもありますが、出産してからはほとんど子供のことで時間を取られるので、産む前に沢山好きなブランドのお店に行って試着しておくべきだったと思います。今は試着するのにも一人ではできないので、一人の時間を確保しなければなりません。ですから、誰にも邪魔されない子供を産む前に一通り十分満足するまで買った方がいいと思いました。2つ目は、大人だけの旅行です。これは計画を立ててから子供は作るべきだという当たり前のことだと思いますが、私たちの場合は、行こうと思っていた温泉に予約もしたのに、その日の当日妊娠がわかって、遠かったので不安もあってキャンセルした、という事がありました。子供が生まれる前に妊娠する前に、もう少し大人だけの旅行を楽しめたら良かったな、と思いました。