女性の知り合いを作りまくる、その為には鍛錬が必要。

家から出て来ました、駅でハンティングします、今歩いています、勇者たちも出かけます、ハンティングは面白いです、今日は18時にシャワーを浴びます、女性の友達沢山欲しいです。

その為にはどこでも打てないとダメです、究極はiPod touchとiPhoneの二刀流です、でもお金が無いので出来ないです、駅前のLAWSONにいます、ネットが止まってます、私は見本になりたいです、その為には頑張ります。

でも今思ったのは冷静に異性の友達が相当沢山いたら素晴らしいと思います、ジェノサイドやエクスカリバーなどみんなにもいいたいです、大人になるまでに何人のガールフレンドがいるか?私は10万人は超えたいです。

知り合うきっかけはアドビアイデアの60です、なかなかいい感じです、それならスムーズに出会えます、それで決まりです、みんなには悪いけだ知り合いは年間で1000人なら余裕でいけそうです、その記録をどんどん更新していけばいいんです。

百姓の直感無し?S・Kに新たに与えられた本職

「さすがに言い方、きつ過ぎ去るよ。ついになんだから出来なくて勿論だろ」
 とうとう麻痺を切らしたN・Hが亢奮気味のスパルタレクチャーを施しているN・Mを決め手に混ざる。
「くんは下手くそですなぁ。たいてい、このままだとキリが無いから、まず耕すのは止めてS・Kくんだけ別のプロセスをやって貰おう」
 その場に座り込んでしまったS・Kを尻目に、N・Mはキャラバンの荷台の中に入っていたシャベルを仕向けるとS・Kの目の前で土に突き刺した。
「S・Kくんは本日、コレを使ってあの木の横あたりに深さ3mぐらいのトラップを掘ってくれ」
 激変しすぎのN・Mを目の当たりにして、門下生らはOFFがちでプロセスを続けていた。
「健二ー。がんばれよー」
 多少遠くからひと度しかたを止めてN・TがS・Kに檄を飛ばしていらっしゃる。S・Kは人気をあわせずに、無表情のとおり拳をこちらに向けて突き出すと、N・Mの突き刺したシャベルを畑の中からたくましく引っこ抜き、ゆっくりとだが心強いペースで木の根元へと向かって行った。あの地方は根が張っていて大地が固いので掘るのは一苦労かもしれないが、例えいっときであってもN・Mの罵倒に耐え抜いた今の我慢強いS・Kなら初めてできるかもしれないと身は密かに期待して仕舞う。