猛暑のせいで、蜂が飛んで来ないため、家庭菜園の収穫がイマイチでした。

私の家では毎年夏になると、庭にプチトマトと枝豆とゴーヤを育てます。いわゆる家庭菜園です。今年の夏は猛暑過ぎて、ちっとも作物が実りませんでした。
まず、蜂が一匹も飛んで来ませんでした。いつもだったら毎年花が咲くと、恐いくらいの勢いで朝から晩までブンブン飛び回ります。でも今年の夏は連日40℃近くあったせいでしょう、全く見かけませんでした。
結果、プチトマトは全滅、枝豆は少しだけ収穫出来ました。ゴーヤは緑のカーテンとしての役割をしっかり果たしてくれましたが、収穫はイマイチでした。
朝顔の鉢もありましたが、種があまり採れませんでした。朝顔も、作物も、たくさん花が咲いたんです。朝顔なんて、毎朝30個以上の花を咲かせました。とても綺麗で癒されましたが、蜂がいないということは、種も実もならないということを、改めて理解しました。肥料もやったし、朝晩の水やりもしました。しかし、自然が相手の場合、人の力では限界があるということを、厳しい猛暑から学んだ夏でした。ミュゼ 100円